はち内科・消化器内科クリニック

MENU

お知らせ

2020年04月04日

アレルギー性鼻炎のお話 ~花粉症の季節がやってきた~

アレルギー性鼻炎とは、花粉やダニなどが原因となり鼻粘膜に生じるアレルギー疾患で、1年中症状がある「通年性アレルギー性鼻炎」と、一定の季節に限局して生じる「季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)」に分類されます。

どちらのアレルギー性鼻炎も、3大症状は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」。

そのほかにも、目がかゆい、涙が出る、熱っぽい、頭が痛い、皮膚のかゆみなどの症状が起こることもあります。

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を鼻に入れないように、「通年性アレルギー性鼻炎」の場合は、ダニの繁殖しやすいカーペットや畳のこまめな掃除、寝具の外干し頻度を増やすなどの対策を、「季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)」の場合は、飛散情報に注意し、飛散が多い日は外出を控えるとともに,外出時は眼鏡やマスクを着用しましょう。
ギリギリまで我慢して、ひどくなったら薬を使う」という声も聞きますが、
一度症状が出てしまうと鼻の粘膜がどんどん敏感になり、症状がより強く出やすくなってしまいます。症状が出る前から対策して、粘膜を過敏にさせないようにしましょう。

一覧に戻る
アクセス よくあるご質問